【金文調書体】白水牛(パールイエロー)の銀行印112mm/女性の手書き文字・手仕上げ印鑑

  • 【金文調書体】白水牛(パールイエロー)の銀行印12mm/女性の手書き文字・手仕上げ印鑑
  • 銀行印の彫刻イメージ「里沙/太字」
  • 銀行印の彫刻イメージ「里沙/細字」
  • 銀行印の彫刻イメージ「東野/太字」
  • 銀行印の彫刻イメージ「東野/細字」
  • 銀行印の彫刻イメージ「綾香/太字」
  • 銀行印の彫刻イメージ「綾香/細字」
  • 印鑑ケースの紙箱
  • モミ皮印鑑ケース 無料
  • モミ皮印鑑ケース カラー
  • サニートカゲ印鑑ケース
  • 印伝印鑑ケース
  • 印鑑保証書
  • ギフト包装 無料
  • ギフト包装 有料

【金文調書体】白水牛(パールイエロー)の銀行印12mm/女性の手書き文字・手仕上げ印鑑


彫り方 ※太字がオススメ!
太字 太字:杉原 太字:梓 太字:里沙 太字:東野 太字:綾香
  杉原 梓印 里沙 東野 綾香
細字 細字:杉原 細字:梓印 細字:里沙 細字:東野 細字:綾香

※ひらがな、カタカナ、アルファベットでのご注文はお受け出来ません。


※仕上がりイメージのみのご注文はお断りさせて頂いております

※実印以外の商品では、仕上がりイメージの確認サービスはご利用いただけません

誠に勝手ながら金文調書体の認め印、銀行印は、仕上がりイメージ確認サービスのご利用をお断りしております。ご了承ください。

無料ラッピングと有料ラッピングをご用意しております。有料の場合はラッピング手数料として1包装につき300円(税込)頂戴しております。 ご希望の商品をカートに入れていただき、カート内の最上部にある「ギフトサービス」にて、「有料ラッピング」をお選び下さい。無料の場合は「無料ラッピング」をお選びくださいませ。

※ギフトとしてお届けする場合、お支払い方法を代金引換にすると送付先の方が代金を負担することになってしまうのでお気を付け下さい。
※ギフトとしてお届けする場合、金額の明記はないのでご安心下さい。
※ギフトとしてお届けする場合、納品書には商品名と個数のみ明記されます。送付先の方が、送り主が分かるように「○○さまからのお届けものです」といった明記を入れてお届けいたします。

ごく稀に、お問い合わせのメールが当店に届かない場合があります。メールの返答が2、3日を過ぎても届かない場合は、お電話(0737-23-7567)にお問い合わせ頂きますようお願いいたします。

受付時間(月~金 9時~17時) 土、日、祝はお休み

スマートフォンなどでご注文される場合は、携帯電話のメールアドレス以外のメールアドレスをご利用下さい。携帯電話からのご注文の場合、注文が通っていても当店からのメールが携帯メールの設定上届かない場合がございます。

女性の銀行印として、直径12mmはおすすめなサイズです。紀州印工房では、12mmをオススメしております。

金文は文字数が少ないわけではないですが、現代の文字が金文には存在しない文字や日本独自の字(国字)はないので、その場合は代替となる文字を作る必要があります。該当文字がない場合は、近い世代の書体(篆書)を金文風に当てはめます。また、バランスが合わない場合も近い時代の書体に変更する場合があります。実印は金文を使用すると実印登録が出来ない自治体がございますので、篆書(てんしょ)を金文風または解りやすい金文にて作成させて頂きます。



印材 白水牛(パールイエロー)
サイズ 12mm
重さ 10g
技法 手仕上げ・手書き書体
内容 銀行印・印鑑ケース・保証書
用途 女性用銀行印・子供用銀行印
備考 天然素材なので、写真と実物とは若干異なります。

最短お届け日:
ご注文日から20日(+7日)以内での発送
※お届け日時の指定は25日(+7日)後以降からとなります。
※仕上げイメージ確認サービスは納期が+7日となります。お急ぎの場合は確認サービスなしでお作りすることも出来ますのでご相談くださいませ。

女性の銀行印12mm 他の印材はこちら

紀州印工房の特徴
FEATURE

おしゃれで魅力的な金文調書体

象形文字のような
魅力的な金文調書体の印鑑

紀州印工房では、金文調書体の印鑑を作っています。金文調書体とは、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったようなお洒落で面白い書体です。金文とは金属(主に青銅製器)の銘文のことで、中国古代の殷から秦漢の時代に使用された古文字です。柔らかい曲線と面白い文字が特徴です。

おしゃれで魅力的な金文調書体

一等版下士がつくる手書き書体

注文毎に一等版下士がつくる手書き書体

印鑑に彫刻する書体はすべて、一等版下士(大印展 版下の部 金賞受賞)が手書きで作成しております。あらかじめ作成しておいた書体を取り込み、パソコンで印稿を作るのではなく、注文の度にその都度手書きで印稿を作成しております(そもそも金文書体のフォントは存在しないのでパソコンで印稿を作ることが出来ません)。その手書き印稿を取り込み、彫刻をします。

一等版下士がつくる手書き書体

一級印章彫刻技能士が印鑑を手仕上げ

一級印章彫刻技能士が手掛ける渾身の手仕上げ

全国印章技術大競技会 木口密刻の部において、世界文化遺産賀茂御祖神社宮司賞を受賞した、店主である一級印章彫刻技能士「上野山有徳」が印鑑を1本1本手仕上げ。 手仕上げ印鑑は、最初こそ機械で彫っていますが、機械彫りのあとに仕上げ刀で時間と手間をかけて仕上げております。それは印鑑を見て頂ければきっとお分かり頂けるはずです。

一級印章彫刻技能士が印鑑を手仕上げ

紀州印工房の印鑑
FEATURE

金文調書体の認め印

金文調書体の認め印

金文調書体でつくる認め印です。金文調書体は、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったかのような面白さを持つ魅力的な.書体です。日常の一場面に特別感をプラスしてくれる銀行印です。

金文調書体の認め印

金文調書体の銀行印

金文調書体の銀行印

金文調書体でつくる銀行印です。金文調書体は、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったかのような面白さを持つ魅力的な書体です。古代文の味わい深さが人を惹きつける銀行印です。

金文調書体の銀行印

金文調書体の実印

金文調書体の実印

金文調書体でつくる実印です。金文調書体は、まるで象形文字のような絵と文字が合わさったかのような面白さを持つ魅力的な書体です。偽造や姓の重複を防ぐ実印です。

金文調書体の実印


紀州印工房について
About

紀州印工房は高野山、熊野三山、熊野古道といった日本でも有数の霊的な聖地が存在する和歌山県、有田市(ありだし)において、一級印章彫刻技能士である上野山有徳が店主を勤めております、印面にこだわった印判店でございます。 印鑑は一級印章彫刻技能士である上野山有徳が1本1本すべて手仕上げ、書体は一等版下士が注文毎に一つ一つ手書きで作成。印鑑の神髄は印面にこそあり、という信念を持って印鑑作成に励んでおります。印材に凝ったり、奇抜さだけを狙ったりせずに、私たちだからこそできる、技術と知識を凝縮した唯一無二の印鑑を自信を持ってお届けいたします。